オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

ウッドデッキに屋根を付けるデメリットとは?


ウッドデッキに屋根を付けることによって強い日差しを避けることが出来る、雨よけになる、洗濯物を雨でも干すことが出来るスペースを確保することが出来るというように様々なメリットが存在します。
ですがその反面、ウッドデッキに屋根を付けることのデメリットも存在します。
ウッドデッキに屋根を付ける場合にはこのメリットとデメリットを比較して考えましょう。

それではウドデッキに屋根を付けるデメリットについて紹介していきます。

pond-4492194_1920-columns1
ウッドデッキに屋根を付けるデメリットについて

開放感が無くなってしまう
ウッドデッキに屋根を付けてしまうと、開放感を失ってしまい、空間が狭く感じてしまう可能性があります。

室温が上がる
ウッドデッキを付けることで室内に日差しが入りにくくなってしまうので室内の温度が下がってしまいます。
特に冬場であれば室内の温度はとても寒く、暖房費にかかり費用が上がってしまいます。
ですが夏場には室内の温度が下がることで、冷房の使いすぎを防止することが出来るので省エネに繋がります。

掃除がとても大変
ウッドデッキの屋根の上に溜まっている汚れやゴミを綺麗に取り除くためには、かなりの手間がかかります。
業者に依頼しなくてはいけない可能性もあるので、そうなってしまうととても費用がかかります。

台風の影響を受けやすい
周りに壁が無いので強風がウッドデッキ内に入りやすく、屋根が壊れてしまう可能性が高くなります。
屋根を取り付ける際には風が当たりやすい場所かどうかを確認した上で、施工をしましょう。

雪が多く降る地域は注意が必要
大老の雪が積もった場合、ウッドデッキの屋根が重さに耐えられなくて壊れてしまう可能性があるので注意しましょう。

まとめ

今回はウッドデッキに屋根を付けるデメリットについてお話しました。
開放感が無くなる、室温が上がる、掃除が困難といった様々なデメリットが存在します。

屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181