オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

和瓦屋根で雨漏りが発生しやすい場所は?放置しないでメンテナンスを!


瓦屋根
和瓦自体の耐用年数は長く50~60年といわれる屋根材です。
ただ、和瓦屋根は様々な部材で構成されており、全ての部材は耐用年数が50~60年ではありません。
和瓦屋根全体で考えると、
雨漏りが発生しやすい箇所あるので紹介します。

和瓦屋根で雨漏りが発生しやすい場所は?

和瓦屋根で雨漏りが発生しやすいのは、棟の漆喰、谷の板金、割れたりズレたりした瓦といった場所なので紹介します。
棟の瓦に使われている漆喰が黒ずんでいたら、雨漏りが発生している可能性があります。
漆喰は雨の侵入によってカビが発生して黒ずんで見えることがあります。
漆喰が剥がれてしまったり、土が流れだしてしまったりしたら、水が侵入していると考えて下さい。
天井や軒裏を点検して雨漏りの有無を確認する必要があります。
谷の板金が錆が発生して変色していたら、雨漏りが発生している可能性があります。
雨が集中して落ちる場所があり、水の力によって板金の穴あきが発生することもあります。
錆びや穴あきは屋根に上がって確認しないと正確に判断できませんが、谷からの雨漏りは板金が原因になっていることが多いです。
瓦が割れたり、ズレたりした場合、下に敷いてあるルーフィング紙も傷んでいることがあります。
ルーフィング紙が傷んで穴あきが発生していると、雨漏りが発生していることが多いです。
瓦が割れたり、ズレたりしていると、遠目から確認しても、屋根に違和感があるのですぐに発見できる場合があります。

まとめ

和瓦屋根には雨漏りが発生しやすい場所あるので紹介しました。
漆喰や板金といった部材を使っている場所は、和瓦と比べて耐用年数が短いため、雨漏りの原因になることがあります。
台風や地震によって、割れたり、ズレたりした瓦を放置しおくと、下に敷いてあるルーフィング紙が劣化して穴が開いて、雨漏りの原因になることがあります。

瓦屋根に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181