オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

シート防水とは?メリットについて徹底解析!


シート防水とは?

シート防水とは塩化ビニールやゴム製のシートを施工箇所に接着して、水の侵入を防ぐ工事のことを言います。
シート防水には2つの種類が存在しています。

まず1つ目は密着工法です。
密着工法は専用の接着剤で施工箇所とシートを接着する方法のことを言います。
通気性がないのでまだ雨漏りしていない箇所に向いています。
そして接着剤を使うので、しっかりと乾燥させる必要があります。

2つ目は機械固定方法です。
専用の機械によって施工箇所とシートを接着させる工法です。
密着工法とは違い、施工箇所からシートの一部が浮いている状態になる工法で、通気性を確保することが可能なので、雨漏りしている箇所でも施工を行うことが出来ます。


tarpaulin-3343994_1920-columns1
シート防水のメリットについて

耐久性にとても優れている
シート防水はウレタン防水やFRP防水に比べて耐久性に優れており、約10年~15年の耐久性を誇っています。
熱や紫外線にとても強く防水性のあるシートなので、最大15年程度の長持ちさせることが可能になっています。

下地を選ばずに施工が可能
1度目の防水工事の際は勿論のこと、前に行った防水工事がシート防水以外のものでもシート防水は施工が可能になっています。
なぜならシートをそのまま上から被せて防水機能を発揮する機能なので、前にシート防水以外の工事を行った箇所でも施工が出来るようになっています。

それに機械固定方法を使うことで、湿気の影響をほとんど無くすことが出来るといった点が下地を選ばずに施工を行うことが出来る理由となっています。


まとめ

今回はシート防水とは、そしてメリットについて徹底解析してきました。
シート防水は塩化ビニールやゴム製のシートを施工箇所に接着して、水の侵入を防ぐ工事のことです。
耐久性に優れていたり、下地を選ばずに施工が可能なことがメリットとして挙げられます。

屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181