オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

スレート屋根の劣化は築10年程度から!放置すると色々な不具合が発生!


d5de9f63770d8544fd46765289a4aba6_s
軽く豊富なカラーバリエーションがあるスレート屋根は人気です。
しかし、スレート屋根は軽いため強風に対して弱い面があります。
そのため、新築から10年程度経過すると、屋根材が浮いたり、割れたりする場合があります。
また、棟板金や剥がれたり、苔が生えたりする懸念もあります。

屋根材の浮きや割れについて

スレート屋根の屋根材であるスレートは、日々の温度変化によって、収縮を繰り返して劣化していきます。
新築から10年程度して劣化が進んだスレートが、地震によって衝撃を受けたり、振動したりすると、ズレてしまい隙間が発生する場合があります。
一方、劣化したスレートが強風で煽られることで、
破損して隙間が発生することもあります。
このような原因でスレート屋根に隙間が発生することで、露出したルーフィングが劣化してしまい、雨漏りが発生します。

棟板金や剥がれについて

棟板金は、屋根の頂点に釘で固定されている屋根材です。 
棟板金は日々の温度変化によって収縮を繰り返すうちに釘を押し出してしまいます。
釘が緩んだ棟板金が強風で煽られると、
変形したり、剥がれたりして雨漏りの原因になります。

苔の発生について

スレート屋根の屋根材であるスレートは、塗装が劣化すると防水性能が下がることで水分を含むようになり、苔が発生します。
苔が発生したスレート屋根は、外観がよくありません。

コーキングの剥がれについて

スレート屋根で使われることがあるコーキングは、経年劣化や地震の振動などによって剥がれしまうことがあります。
コーキングが剥がれてしまうと雨漏りの原因になるので注意が必要です。

まとめ

劣化したスレート屋根には浮きや割れが発生することがあったり、棟板金やコーキングの剥がれ、苔が発生することがあったりするので、雨漏りなどの原因になります。
スレート屋根は専門業者に定期点検を依頼し、不具合を早く見つけ修理する必要があります。
 
スレ―ト屋根に困りごとがある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181