オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

チタン屋根とは?神社仏閣で使われている!


ccf59465fcebc8b38c4f8c2e2f95645d_s-1
金属の屋根材を使った屋根の中でも、チタン屋根は、近年、神社仏閣など歴史的な建物に使われるようになりました。
これから、一般の住宅にも使われるようになるかもしれないチタン屋根について紹介します。

チタンとはどんな金属?

チタンは他の金属と比較してかなり軽いため、航空機や潜水艦以外にも、車のホイールやゴルフのドライバーなど身近な物に使われています。
更に、
金属アレルギーの発生も少ないといわれ、アクセサリーや時計にも採用。
チタンはとても硬いため、加工が難しいといわれてきましたが、技術の進歩によって、身近な金属になりつつあります。

チタンを屋根材として使うメリットなどについて

これまで、神社仏閣など歴史的な建物の屋根材には銅板や瓦が使われてきましたが、チタンが使われるようになったのは、軽く、耐用年数が長い上、重厚なイメージに仕上がるからです。
浅草寺の本堂などの屋根材にチタン瓦が使われていますが、通常の瓦と同じような重厚感がある仕上がりで素晴らしいです。
チタン瓦は通常の瓦と比較して20%の重量しかなく、建物への負担が少なく地震で揺れた際に安心といったメリットもあります。

チタンを屋根材として使うデメリットなどについて

チタン屋根が一般の住宅にあまり普及しないのは価格が高いからです。
例えば、チタン屋根は、スレート屋根やガンバリウム屋根と比較しても、
1.5倍程度価格が高いです。
チタン屋根と同じ金属の屋根材を使ったガンバリウム屋根は、耐用年数がかなり長いので、普及し続けている結果となっています。

まとめ

チタン屋根について紹介しました。チタンは軽く硬い金属なので、身近なものに使われるようになりました。
チタンは神社仏閣など歴史的な建物に使われるようになりましたが、価格が高いため、一般の住宅には普及していません。
チタンが安くなれば、一般の住宅の屋根に使われるようになるかもしれません。

チタン屋根に興味がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181