オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

ウレタン防水とは?メリット・デメリット・メンテナンスのサインについて!


ウレタン防水とは?

ウレタン防水とはウレタン樹脂を塗りつけることで防水処理を行う工事工法のことです。
液体状のウレタン樹脂がゴム状に固まることによって、密封性の高い塗装が出来ます。


construction-2578410_1920-columns1
ウレタン防水のメリットについて

ウレタン防水のメリットとして挙げられるのは、費用が安いということです。
それにウレタン防水は防水層が軽いので、建物への負担はかなり軽減します。

してなんと言っても施工が簡単であることが挙げられます。
ウレタン防水の場合はペンキのような液体を塗装するのですが、その施工の際にとても塗りやすいので、事故などの不祥事が起こる可能性が極めて少ないです。

ウレタン防水のデメリットについて

ウレタン防水の最大のデメリットとも言えるのは、耐久性が低いということです。
特にウレタン防水は紫外線にとても弱いので、数年に1度のメンテナンスが必ず必要になってきます。
それに先程も少し触れましたがウレタン防水はペンキのような液体を塗装するので、ムラが出来やすいのもデメリットとして挙げられます。

ウレタン防水のメンテナンスのサインとは?

色あせ
本来よりも塗装の色が薄くなってきてしまった場合は表面が劣化しているということなので、塗り替えを検討するタイミングです。

ひび割れ
多少のひび割れであればそんなに急ぎではありませんが、この状態を長期間放置してしまうと雨漏りの原因になってしまいます。
そうなってからでは遅いので、ひび割れを確認したら塗り替えの時期が近づいているということを頭に入れておきましょう。


まとめ

今回はウレタン防水とは何か、そしてウレタン防水のメリット・デメリット・メンテナンスのサインについてお話してきました。
ウレタン防水のメリットとしては費用がとても安く抑えられることや、建物への負担が少ないことが挙げられます。

屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181