オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

カラーベストの屋根塗装について!ポイント・縁切りの重要性について


薄型化粧スレート屋根材(カラーベスト)の屋根塗装についてお話していきます。
カラーベストなどの重ね葺き屋根材の塗装に関しては、「縁切り」作業がとても重要になってきます。
縁切り対策のない塗替えを行ってしまうと、かえって屋根を痛めつけることになってしまいます。
なのでそんな縁切りの重要性について、そしてカラーベストの塗装を行う際のポイントについてお話していきます。
roof-coating-2846324_1280-columns1
縁切りの重要性について

一時、縁切りはカラーベスト葺き屋根の塗り替えの際に、塗料をしっかりと塗り込めば塗り込むほど雨漏りの原因となってしまう現象が起きました。
その解決策として考案されたものが「縁切り」というものです。
以前まではカッターナイフによって上下のコロニアルの重なり部分の塗料に切れ込み入れるといった方法が行われていました。

しかし最近ではそれでは雨水の排水には不十分なので、スペーサーを差し込む方法が用いられるようになりました。
スペーサとは塗替え前にカラーベストの重なり部分に挿入して、縁切りのためのスペースを確保するためのものです。

カラーベスト塗装のポイントについて

カラーベストの塗装を行う際にとても重要になってくるポイントとして3つあります。
まず1つ目は高圧洗浄を行うことです。
高圧洗浄を行うことによって、汚れや苔を洗い落とすことが出来ます。

そして2つ目は上記でもお話した縁切りを行うことです。
カラーベスト葺き屋根の塗替えを行う際には必ず縁切りをする必要があります。

3つ目は適切な塗膜厚で塗装を行うことです。
どんなに優れている塗料を使っても塗膜厚が適切でなければ、耐久性が低下してしまいます。

まとめ

今回はカラーベストの屋根塗装についてお話してきました。
縁切り作業がとても重要であることがお分かりいただけたと思います。

屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181