合掌造りとは一体どんな屋根?どんなメリットがあるのか


合掌造りとは?

合掌造りとは日本の住宅建築様式のうちの1つで、建築物をすっぽり覆う傾きのある屋根が特徴的です。
合掌造りで有名なのは岐阜県の白川郷が挙げられます。
白川郷にある合掌造りの集落は世界遺産になるほど有名で、多くの方に知られていますが、なぜこの地域に合掌造りの家屋が造られたのかというと平地が少ないということが理由として挙げられます。

平地は稲作に不向きで、しかもこの辺りは親族や使用人と大人数で過ごすことが主流だったので大きな家が必要だったのです。
これらの状況に適しているとの判断で合掌造りは造られました。


メリット

shirakawa-go-3968395_1920-1-1-columns1
雪にとても強い構造となっている
雪が多く降る地域では屋根は何トンもの重さを支えなくてはなりません。
その重さに対応するために根曲がりの木というものが使われており、根曲がりの木は強い雪によって真っ直ぐに成長せず曲がってしまった木のことで、雪の重さに耐えることが出来る強度を誇っています。

環境にとても良い
合掌造りは屋根が西を向く面と東を向く面があるように造られており、これは屋根に積もった雪を午前中は東側で溶かし、午後は西側で溶かすという考えです。
太陽という自然のエネルギーを利用して、家を守ることが出来ます。

それに合掌造りだと家屋の中は割と暖かくなることも特徴ですが、その熱源は囲炉裏のみです。
囲炉裏は家を暖めることは勿論のこと、証明としての役割や鍋やお湯を温めるといったような役割も果たしています。
そして屋根を覆う茅は役目を終えると、肥料としても使うことが出来るためゴミを出さないので環境にも良いです。


まとめ

今回は合掌造りとは一体?どんなメリットがあるのかということについてお話してきました。
合掌造りは環境にとても良く、雪にとても強いということがお分かり頂けたと思います。

合掌造りについて、または他の屋根のことでもお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181