ウッドデッキと屋根でライフスタイルを開放的に!過ごしやすい家を作るためには


ウッドデッキとは?

断熱の高い住宅の室内は冷暖房が良く効き、季節を問わずに今の時代はとても暮らしやすくなっています。
ですがそれは人工的に創り出した快適さであって、実際のところは自然の風や光を部屋に取り入れたいのいうのが本音ではないでしょうか?

そこで屋根と外を繋ぐようなスペースがあれば、開放的に過ごすことが出来ます。
そんなスペースに最適なのがウッドデッキです。
ウッドデッキは比較的に簡単に施工を行うことが可能となっており、ウッドデッキの高さを室内の床綿にあわせて造れば、室内にいるのにも関わらず外にいるような開放感を味わうことが出来ます。

もし家の外にそんなにスペースがないという方は、「濡れ縁」サイズの小さめのウッドデッキを設置するのもオススメです!
wood-2223252_1920-columns1
屋根をプラスすることでより一層便利に!

ウッドデッキに屋根を付けることによって雨や直射日光を防ぐことが出来るので、寿命を延ばせます。
それに屋根を設置すれば少しの雨くらいなら窓を開けて部屋に風を入れたり、時には洗濯物を出したりすることも出来ます

もしデッキを設置しようとする場所に軒やひさしがない場合は、リフォームで後付けすることが出来るタイプのひさしを取り付けても良いと思います。
屋根やひさしには夏の日差しを遮り、室温の上昇を抑える効果がありますが、日光が室内に入らず暗く寒くなってしまうというデメリットもあるの、そういったデメリットがあることもしっかりと頭に入れておきましょう。

まとめ

ウッドデッキと屋根でライフスタイルを開放的にするということについてお話してきました。
ウッドデッキによってより一層開放的に過ごすことが可能となっており、屋根をつけることによって洗濯物を外に出したり、雨でも窓を開けて風を室内に入れることも出来ます。

ウッドデッキについて、または他の屋根のことでもお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181