オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

劣化したアーバニーグラッサに対する注意点について


カラーベスト別アングル
アーバニーグラッサという屋根材についてご存じでしょうか?
厚みがあり高級感が漂うアーバニーグラッサはスレートの一種で、現在では発売されていませんが人気だった屋根材です。
劣化したアーバニーグラッサに対する注意点について紹介します。

アーバニーグラッサとは?どんな屋根材なの?

アーバニーグラッサ)はクボタ(現ケイミュー)が販売していた屋根材です。
ノンアスベストで四角いウロコのようなデザインとなっています。

劣化したアーバニーグラッサの注意点について

劣化したアーバニーグラッサは割れやすかったり、塗り替えが難しかったりするので、注意点を紹介します。
アーバニーグラッサはウロコ状になっているので大きな切れ目が多く、経年劣化で割れやすくなるといわれています。
割れた部分にコーキング材を注入してメンテナンスします。
アーバニーグラッサは厚みがある上、スリット(スレートとスレートの隙間)が大きいため、ローラーではうまく塗料がのらないので、刷毛で塗装しなければならないことがあり大変です。
更に、塗装した後に、縁切りをしたり、タスペーサーを挿入したりすると、スリットに沿って割れてしまうことがあるので注意が必要。

縁切りとは、塗装した塗料によってスレートとスレートの隙間が塞がってしまわないようにカッターなどで塗料を切ることです。
一方、タスペーサーは挿入することで隙間を確保します。劣化したアーバニーグラッサは割れやすいので縁切りを行わない業者もいるみたいですが、縁切りを行わないと雨水が屋根に溜まってしまい、雨漏りの原因になることがあります。

 このように塗り替えに向かないアーバニーグラッサは、カバー工法や葺き替えでメンテナンスすることをおすすめします。

まとめ

劣化したアーバニーグラッサに対する注意点について紹介しました。
劣化したアーバニーグラッサは
割れやすいので注意が必要です。
更に塗装した後に、縁切りしたり、タスペーサーを挿入したりすると、スリットに沿って割れてしまうことがあるので、カバー工法や葺き替えでメンテナンスすることをおすすめします。
アーバニーグラッサで困りごとがある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181