オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

ゲリラ豪雨に備えよう!やっておくべきこと・二次災害について


ゲリラ豪雨と呼ばれる集中的豪雨が最近多くなり、予期せぬ時に突然集中的に雨が振るので住宅に大きな被害を及ぼします。
そんなゲリラ豪雨に対しての水害対策について気になっている方、多いのではないでしょうか?

特に一戸建ての方は、マンションとは違い自分の家は自分で守らなくてはいけません。
ゲリラ豪雨から家を守るには一体どうすれば良いのでしょうか?

architecture-3586812_1920-columns1
ゲリラ豪雨から家を守るためのやっておくべきこと

ちょっとした雨水の侵入があれば、構造部分の腐食など深刻な被害につながってしまう場合もあります。
なのでそういった被害を招かないために、日頃からこまめな点検やメンテナンスが必要となってきます。

屋根であれば定期的に瓦やスレートの割れやヒビ・剥がれ・めくれ等の傷がないかどうか点検することが大切です。

雨樋であれば継ぎ手のズレやはずれ、腐食などがないかどうか、また外壁や屋根のしっかりと固定されているかどうかをしっかり確認しておきましょう。
それと枯れ葉やゴミが溜まるのを防ぎ、雨水がスムーズに排水出来るように防護ネットを設置しましょう。

ゲリラ豪雨で雨漏りしてしまうと起こる二次災害について

シロアリの発生

雨水を吸収して柔らかくなった木材はシロアリ達の大好物であり、一回ターゲットにされてしまうと一斉に多くのシロアリが集まってくるので丈夫な土台も、柱もスカスカになってしまいます。

人体への影響

雨漏りによる多湿環境はダニやカビの繁殖に最適となっていて、ダニは炎症や感染症の原因となります。


まとめ

今回はゲリラ豪雨に備えてやっておくべきこと・二次災害についてお話してきました。
定期的に屋根と雨桶の点検を行っておかないと、ゲリラ豪雨によって多大な府外を食らうことになります。
それに雨漏りだけで住めば良いですが、二次災害によってシロアリの発生や人体への影響まで出てきてしまうので、しっかり点検をしましょう。

定期的なメンテナンスについて、または他の屋根のことでもお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181