オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

漆喰の詰め直し工事とは?作業工程は?


b9065f5b7940882939c0506e2bdd006a_s
スレート屋根や金属屋根は屋根材のメンテナンスとして塗り替えが必要です。瓦屋根は瓦自体のメンテナンスはあまり必要ありませんが、漆喰の詰め直し工事が必要なので紹介します。

漆喰とはどんなもの?メンテナンスは必要!

漆喰は消石灰(水酸化カルシウム)に糊(のり)などを加えて水で練ったもので、住宅の壁や瓦屋根に使用します。漆喰は住宅の壁に塗ることが多いです。瓦屋根では、漆喰を瓦を固定したり、接着したりするために使用します。漆喰が劣化して瓦を固定する力が弱まると、瓦がズレてしまうことがあります。瓦はズレることで瓦同士が干渉してしまい、割れたり欠けたりすることがあるのでメンテナンスが必要です。

漆喰の詰め直し工事とは?作業工程は?

漆喰の劣化が軽微であるある場合は、漆喰の詰め直し工事を行う事があり、メンテナンス費用も抑えられます。漆喰の詰め直し工事の作業工程は、まず、劣化した古い漆喰の撤去した後、葺き土を整えて湿らします。次に漆喰を塗布した後に面を整えれば、完了です

漆喰の詰め直し工事はだいたい、10~15年に1度のペースで行うことが多いです。漆喰を劣化して崩れると屋根裏に湿気が侵入して屋根材が腐食したり、虫やほこりなどが屋根に侵入したりするので、漆喰の詰め直し工事は必要です。また、瓦屋根を美しく維持するためにも漆喰の詰め直し工事はおすすめです。漆喰の詰め直し工事をしっかり行ってくれる専門の業者に依頼することは重要です。

まとめ

漆喰は消石灰(水酸化カルシウム)に糊などを加えて水で練ったものです。漆喰が劣化して、瓦がズレることで瓦同士が干渉してしまい、割れたり欠けたりすることがあります。
漆喰の詰め直し工事では、古い漆喰を撤去した後に、葺き土を整えて湿らし、漆喰を塗布して表面を整えれば完了です。
瓦屋根を美しく保つためにも漆喰の詰め直しはおすすめです。
瓦屋根に困り事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181