オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

スレート屋根の葺き替えのタイミングは?カバー工法で対応できることも!


f4d9a43b6efb4ee2297259e33eba0a1c_s
厳しい環境に晒され続けるスレート屋根の耐用年数は20年前後といわれますが、いずれは葺き替えなければならない時期がやっています。ただ、葺き替えには費用がかかるためタイミングをしっかり掴むことが必要です。葺き替え以外のカバー工法でも対応できることがあるので紹介します。

スレート屋根の葺き替えのタイミングについて

スレート屋根を葺き替えるタイミングは、建物が建っている環境などによって異なります。そのため、点検を行い劣化のサインを見逃さないことが重要です。スレート屋根は、スレートに水が浸透してボロボロになったり、雨漏りが発生したりする劣化のサインがあったら、葺き替えのタイミングです。

スレートは塗料が剥がれると雨水が浸透して、ボロボロになってしまうことがあります。水を含んだスレートがボロボロになるまで痛みが進行していると、内部の野地板やルーフィングが傷んでいる可能性もあり、葺き替えのタイミングです。

野地板やルーフィングの傷みが発生している場合、新しい屋根材を被せるカバー工法では、施工した後、雨漏りが発生する可能があります。すでに雨漏りが発生している場合も葺き替えのタイミングです。屋根に上っての点検は危険が伴うので、信頼できる専門業者に依頼して下さい。

葺き替え以外でも対応できるスレート屋根の傷みについて

雨漏りが発生していないことを前提に、スレートが水を含んでおらす、ひび割れている状態であれば、カバー工法で対応できます。カバー工法は葺き替えと比較して工期が短く、費用も抑えられるメリットがあるのでおすすめです。

まとめ

スレートに水が浸透してボロボロになったり、雨漏りが発生したりする劣化のサインがあったら、スレート屋根を葺き替えるタイミングです。スレートが水を含んでおらず、ひび割れている状態であれば、カバー工法で対応できます。屋根は定期的に点検して、劣化のサインを見逃さないことが重要です。スレート屋根の葺き替えに興味がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181