オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

コロニアル屋根の高圧洗浄で留意するべきこととは?


コロニアル屋根の塗装を行うケースでは、高圧洗浄で一度屋根をキレイにします。
苔などの汚れや、古い塗料をそのままの状態にしておいては、新しい塗料を付着させることは出来ません。
屋根カバー工法においても、既存コロニアルに大量の苔が発生しているケースでは高圧洗浄が必要となってきます。

屋根表面についている汚れや塗料を取り除くことは、本来は手洗いで丁寧に洗い流すのが理想的なのですが、屋根に付いている汚れや塗料はとても強力です。
それに屋根の面積を大きく、1枚1枚手洗いをするのは物理的に厳しいです。

なので高圧洗浄を用いて洗浄することが一般的となっています。
高圧洗浄は洗うというよりも削り落とすというイメージに近い作業で、その結果屋根の洗浄面には強い負荷がかかってしまいます。

そんな高圧洗浄の際に、留意するべきことについてお話していきます。
roofs-919460_1920-1-columns1
高圧洗浄の際に留意するべきこと

コロニアルの耐久性を劣化させる
高圧洗浄による屋根の洗浄は削り落とすことなので、汚れや塗料を取り除きます。
ですが洗浄後に白い基材が露出したら、中のコロニアルがダメージを受けているということになるので、屋根本体の耐久性が劣化してしまっています。

洗浄中にコロニアルを破損してしまう
経年劣化しているコロニアルは高圧洗浄中に割れてしまうことがあります。

雨漏りを発生させてしまう
コロニアルを水圧で割ってしまうのと同時に、下葺き剤材のルーフィングシートを破ってしまうと雨が漏れてしまいます。




まとめ

今回はコロニアル屋根の高圧洗浄で留意するべきことについてお話してきました。
コロニアル屋根の塗装を行う際には、高圧洗浄を行うのですが、強力な水圧で屋根を洗浄するので、耐久性を劣化してしまったり、雨漏りを発生させてしまったりします。

コロニアル屋根について、または他の屋根のことでもお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181