オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

スレート屋根を塗り替えるタイミングは?!塗料は何を選ぶ?


a1c5b9ad66e23ebd7b3b822f170978cc_s
スレートは屋根材として広く普及しました。スレートの中でも化粧スレートは日本の住宅でよく使われている屋根材です。スレート屋根は雨や雪など厳しい環境に晒され続けることで、いずれは塗り替えが必要になるので、タイミング塗料について紹介します。

スレート屋根を塗り替えるタイミングについて

スレート屋根は、7~10年を目安に塗り替えが必要だといわれています。ただ、建物が建っている環境や災害によって、塗り替えるタイミングが建物によって異なります。色あせコケの発生といった劣化のサインが発見されると塗り替えるタイミングと考えていいでしょう。

塗料に色あせが発生している場合は、塗料の撥水性が低下しています。塗料の撥水性が低下することでスレートに雨水が浸透してしまい、反り割れの原因になることがあります。コケは水分を吸収し保持する特性があるので、スレートは常に水に覆われた状態になってしまい、塗料の劣化を早める原因になります。

スレート屋根の塗り替えで使う塗料について

屋根の塗り替えでよく使われる塗料には、ウレタン塗料やシリコン塗料、フッ素塗料などがありますが、遮熱塗料ラジカル制御型塗料もおすすめです。遮熱塗料は、夏の暑さを防ぐことができます。毎年の熱帯夜を想像しただけでも、ぞっと感じる人は少なくないと思います。遮熱塗料を使えば、室温を約3℃下げることが可能だという報告があります。

ラジカル制御型塗料はシリコン塗料と比較して、価格が同等であるにもかかわらず、耐用年数が長い場合が多く、色あせの発生も抑えられます

まとめ

スレート屋根を塗り替えるタイミング塗料について紹介しました。色あせコケの発生といった劣化のサインが発見されると塗り替えるタイミングです。夏の暑さを防ぐことができる遮熱塗料耐用年数が長く色あせも抑えられるラジカル制御型塗料がおすすめです。スレート屋根の塗り替えに興味がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181