オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

ガルバリウム鋼板屋根を塗り替えるタイミングは?!合性がよい塗料とは?


painting-3414650_640
耐用年数が長いガルバリウム鋼板の屋根であっても、雨や日光など厳しい環境に晒されることで劣化して、塗装の塗り替えが必要な時期がきます。塗り替えを行う際に知っておきたいタイミング塗料の種類について紹介します。

ガルバリウム鋼板の屋根を塗り替えるタイミングについて

ガルバリウム鋼板屋根は10~ 15年を目安に塗り替えが必要だといわれています。ただ、建物が建っている環境などによって、塗り替えるタイミングが異なります。

塗り替えるタイミングは、色あせやサビといった劣化のサインによって判断するので紹介します。 色あせは、新しく建設した時の屋根のカラーと比べて薄くなる現象。サビには、赤サビ白サビもらいサビといった種類があります。赤サビは、飛来物が衝突してガルバリウム鋼板にできた傷から発生することがあります。白サビは、高温だったり、多湿だったりする環境に晒され続けることで発生する白い斑点です。もらいサビでは、錆びた飛来物が衝突した際に、ガルバリウム鋼板にさびが付着し発生します。サビは放置して広がってしまうと全面的な塗り替えになることが多いので注意して下さい。

ガルバリウム鋼板の屋根の塗り替えで使う塗料について

屋根の塗り替えでよく使われる塗料には、ウレタン塗料やシリコン塗料、フッ素塗料などがあります。ガルバリウム鋼板の屋根の塗り替えでは、ウレタン塗料より耐用性が長い上、収縮性もあるシリコン塗料はよく使われており、合性がよいです。一方、フッ素塗料は、硬い塗料なのでガルバリウム鋼板の屋根の塗り替えに使うとひび割れが発生しやすいといわれています。

まとめ

ガルバリウム鋼板の屋根を塗り替えるタイミングや塗料について紹介しました。ガルバリウム鋼板を塗り替えるタイミングは、色あせやサビといった劣化のサインによって判断します。収縮性があるシリコン塗料はガルバリウム鋼板と合性がよいですガルバリウム鋼板屋根の塗り替えに興味がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181