オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

夏の室内を快適に保つ方法について


夏が近づいてくると自然と室内の温度は上昇していき、クーラーに頼らないと快適に過ごすことが難しくなっています。
なぜ部屋が暑くなってしまうかというと、屋根は元々遮熱機能を持っていないものが大半です。
部屋が暑くなってしまうメカニズムとしては、夏場に家の中で1番太陽に近い屋根に日光が降り注ぐことによって、屋根の表面温度が上がり、遮熱機能のない屋根を通過して建物内が熱くなってしまうのです。

そんな夏に少しでも快適に過ごすために、屋根の遮熱方法について紹介して行こうと思います。
england-2960807_1920-columns1
屋根に遮熱塗料を塗る
屋根に塗料を塗るだけで効果が本当にあるの?って疑問に思う方もいらっしゃると思いますが、屋根に塗料を塗るだけで表面温度は約15度下がります。
暑さに困っていない方でも屋根の塗装をするときは、屋根に使う塗料を遮熱塗料にするという方も多くいます。

ですがあまりに屋根の劣化が進んでいる場合は、屋根の上から塗装を行うことが不可能なので、屋根の張替えや葺き替えといった対策を行う必要があります。
そこまで築年数も経過していなく、劣化もしてない家で、暑さに悩んでいる方は遮熱塗料を塗ることをオススメします。

屋根に遮熱シートを貼る
遮熱シートとはその名の通り、屋根表面や屋根裏に貼ることによって遮熱効果をもたらしてくれるシートです。
夏場の遮熱効果は屋根裏で10度、室内で5度温度が低下します。

遮熱シートを使うと、エアコンの稼働数が減少するという結果が出ていて、冬場も同様に電気の使用量を半分程度で済ますことも可能です。

まとめ

今回は夏の室内を快適に保つ方法についてお話してきました。
夏場の室内の温度上昇を防ぐためには、「遮熱塗料を塗る」か「遮熱シートを貼る」ことで室内を快適に保つことが可能となっています。

遮熱塗料・遮熱シートについて、または他の屋根のことでもお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181