オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

スレート屋根を長持ちさせるための知識!メンテナンスについて!


eccac29c9ad6dd0f8eedcc723e2edac5_s-1
現在の住宅にはスレートが屋根材に使われることは多いです。スレートはセメント繊維などを混ぜて加圧して平たい板に成形した屋根材。安い価格と豊富な種類が人気となって普及しました。雨や雪などの厳しい環境に晒させるスレートはいずれは劣化しますスレート屋根を長持ちさせるための知識メンテナンスを紹介します。

スレート屋根を長持ちさせるための知識について

スレートの耐用年数は20~30年もありますが、4~5年に1回の定期点検を行い、10年をめどにメンテナンスが必要になります。 屋根に上っての定期点検は様々な危険があるので、信頼できる専門の業者に任せたほうがいいでしょう。

スレートの屋根の不具合とメンテナンスにについて

日常点検や定期点検で発見されやすいスレートの不具合メンテナンスを紹介します。メンテナンスは信頼できる専門の業者に任せたほうがよいです。
塗装が劣化して防水効果が薄れてきたスレートには色褪せカビが発生すことがあります。特に、日当たりが悪く湿気が多い環境のスレート屋根にはカビが発生し易いので注意が必要。塗装が劣化する前に定期的に再塗装したほうがいいでしょう。
塗装が劣化して防水効果が薄れてきたスレートには雨水が浸透するようになります。雨水の浸透と乾燥することを繰り返すことで、スレートにひび割れが発生。スレートのひび割れは雨漏りの原因になることもあります。色褪せやカビ、藻と同様にスレートのひび割れを防ぐためには、塗装が劣化する前に定期的に再塗装する必要があります。

まとめ

スレートの耐用年数は20~30年もありますが、長持ちさせるためには、屋根の点検を行い必要に応じてメンテナンスが必要です。
スレートには塗装の劣化によって
色褪せカビひび割れが発生することがあります。点検やメンテナンスは信頼できる専門業者に依頼しましょうスレートの屋根に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181