オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

スレート屋根・金属屋根の強風対策について


屋根の形状によって強風対策には違いが出てきます。
今回はスレート屋根と金属屋根の強風対策についてお話していきます。

スレート屋根について
スレート屋根は豊富なデザイン性がとても施工しやすく、軽量で近年非常に人気の屋根材です。
スレート屋根は軽量なため、飛散による被害などは瓦よりも小さく済むでしょう。
しかし耐久性が瓦よりも低いので、劣化に注意が必要です。
劣化が進んでいるところに強風が吹いてしまうと、板金吾と飛んでいってしまうこともあります。

そんなスレート屋根の強風対策は定期的なメンテンナンスを欠かさないことです。
20年を目安に葺き替えやリフォームなどが必要になることを頭に入れておきましょう。

金属屋根における強風対策について
金属屋根は安い・軽い・丈夫といった三拍子揃っていることから、近年採用されることが多くなっている屋根材です。
デザイン性にも優れています。
金僕屋根の強風対策もスレート屋根同様、メンテナンスを欠かさないことです。
定期的なメンテナンスを行っていれば、台風なども安心です。

fehnhaus-3425166_1920-columns1
強風によって被害を受けやすい箇所について
台風や突風等で受ける屋根被害は棟部分やゲラバ、軒先などが非常に多いです。
ゲラバは一般的に雨桶のない側の屋根端、軒先は雨桶が設置されている側の屋根端のことです。

ゲラバも軒先も非常に強風の影響を受けやすく、特にこの部分を長めにとっている建物はとても強い影響を受けます。

まとめ

今回はスレート屋根と金属屋根の強風対策についてお話してきました。
どちらも定期的なメンテンナンスを行うことがとても大切だと言うことが分かりました。
そして台風や突風等で受ける屋根被害は棟部分やゲラバ、軒先などが非常に多いことが分かりました。

スレート屋根・金属屋根の強風対策について、または他の屋根のことでもお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181