オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

【必見】急勾配の屋根のメリット・デメリット


屋根勾配とは?

屋根勾配とは屋根の傾斜の度合い・傾きの角度を表します。
屋根勾配は基本的に屋根材の種類と形状・地域の降雨量・積雪量などの気象条件を考慮して決められます。

仕上げ材によって必要最低勾配が決まっていて、指定以下の勾配にしてしまうと雨漏りや、屋根材の吹き上げ等も問題が発生する可能性が高まるのでしっかりと理解を深めておく必要があります。

・屋根勾配の表示方法

屋根勾配は寸と角度のどちらかで表示され、日本の建築物では寸で表示される場合が多いです。
水平距離10に対して高さが3の場合、3/10というような表し方で3寸勾配と言います。
6寸勾配以上の場合を「急勾配」と言い、10寸勾配の場合を「矩勾配」と言います。


dubrovnik-512798_1920-columns1
急勾配屋根のメリット

雨漏りの危険性が低下
急勾配だと雨がすぐに流れ落ちていくので、雨水が溜まらずルーファイングや野地板などの腐食による雨漏りの危険性は格段に下がります。

耐久性が高い
雨がすぐに流れ落ちるので屋根材の苔発生や塗装の剥がれなどを遅らせることが出来ます。

屋根裏のスペースが広くなる
急勾配だと天井から屋根裏面までのスペースを広く取ることが可能となるので、室内空間を有効に使うことが出来ます。

デザイン性が高まる
重厚感のある豪華な住まいに見せることが出来ます。

急勾配屋根のデメリット

台風性が弱い
屋根面の角度が高いので、突風や台風の時にその力を受けやすくなります。

施工価格が高い
急勾配になればなるほど屋根面積が広くなるので、施工価格も高くなります。

まとめ

今回は急勾配の屋根のメリット・デメリットについてお話してきました。
屋根勾配についてしっかりと理解を深めておかないと、雨漏りや屋根材の吹き上げ等の問題を後々抱えることになってしまうので要注意です。

急勾配の屋根・勾配についてまたは他の屋根のことでもお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181