台風や地震の後は要注意!簡単にできる屋根の点検!


rainy-day-2572352_640
昨今、日本には台風や地震などの自然災害が多く、屋根に対してダメージがあるではないかと心配している方も多いと思います。ただ、屋根に上って点検することは危険なのでおすすめしません。ここでは地上からでも簡単に点検できる内容を紹介します。

敷地内などで点検できる内容について

台風による強風や飛来物、地震による揺れが原因で屋根の一部が破損していることは十分予測されます。破損した部材が庭や周辺の土地に落下しているかを確認することは重要です。
瓦屋根の場合、漆喰が破損して庭や周辺の土地に落下していることがあるので確認して下さい。瓦を固定したり、接着したりする漆喰が破損している場合、雨漏りなどの原因になることがあります。破損した漆喰はセメントを固めたような形なのですぐに分かります。
スレート屋根は強風などで煽られることで、緩んだ棟板金の釘が抜けて、庭や周辺の土地に落下していることがあるので確認して下さい。また、剥がれかけた棟板金が強風に煽れることで異音が発生することもあります。

家から少し離れて屋根を点検できる内容について

家の敷地から離れることで屋根全体が見渡せる場合は、瓦がズレていたり、棟板金が外れていたりすることが目視で確認することが可能。遠目で眺めても、屋根の色が一部変わっているように見える場合は、何らかの不具合が発生している可能があります。

雨の日に屋根を点検できる内容について

雨の日は、軒樋や横樋の一部分から雨が溢れ出ている場合は、雨樋に不具合が発生している可能性があります。

まとめ

簡単に地上からでも点検できる内容を紹介しました。破損した屋根の部材が庭や周辺の土地に落下していることがあるので確認して下さい。また、家から離れた場所から瓦のズレ、棟板金が外れについて確認することができます。雨の日に雨樋から雨水が溢れ出ている場合は、雨樋に不具合が発生している可能性があります。屋根に上っての点検は信頼できる専門の業者に依頼しましょう。屋根に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181