オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

なぜ屋根塗装には「縁切り」が絶対必要?


縁切り」とは塗料乾燥後に塞がった隙間の塗膜を切って、水の通り道の確保をする工程のことを指します。
スレート瓦の屋根をローラー等で塗装すると、瓦の重ね目に塗料が入り込んでしまい、そのまま乾燥すると重ね目が塞がった状態になってしまいます。
これを解消するために「縁切り」を行います。
そんな「縁切り」ですが何故絶対必要なのでしょうか。
その理由についてお話していきます。
houses-1622066_1920-columns1
・縁切りが必要な理由について

屋根に降り注いだ雨は、スレート瓦の重ね目の隙間を抜けることによって内部に雨水が溜まらないようになっています。
ですが重ね目の隙間が塗膜で塞がっているとスレート瓦をつたって屋根内部に雨水が侵入してしまいます。
つまり雨漏りの原因になってしまいます。

雨漏りはなかなか症状が見えないため、気づいたときには手遅れとなっていることが多々あります。
そうならないためにも、「縁切り」は重ね目の塗膜を1つ1つ切っていく大変な作業ではありますが、行うのと行わないのでは大きな差が生まれます。

・縁切りの方法について
カッターでスレート瓦の重ね目を塞いでいる塗膜を切るのみです。
ですが最近「縁切り」を必要としない「タスペーサー」というスレート瓦の重ね目に差し込んで、隙間を確保する縁切り用部材が登場しました。
下塗り塗装後に15cm程度の間隔でスレート瓦の重ね目に差し込むだけなので「タスペーサー」を利用するのも1つの手段です。
タスペーサー」を利用する場合は、カッターで切る作業は必要ないので楽ですが、「縁切り」よりもコストがかかるのがデメリットです。



まとめ

今回は屋根塗装に縁切りが絶対必用な理由と縁切りの方法・タスペーサーについてお話しました。
縁切りを行わないとスレート屋根をつたって、屋根内部に雨水が侵入してしまう可能性があるので必ず行うようにしましょう。

縁切りについてまたは他の屋根のことでもお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181