オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

台風の後は要注意!屋根の被害はどの部分?ダメージは?


cyclone-2102397_640
毎年のように勢力が強い台風が日本で猛威を振るい、川の氾濫など甚大な被害がニュースで流れるたびに心が痛みます。人間の生命を奪いかねない台風なので、住宅の屋根にとっても天敵です。今回は台風によって壊れやすい屋根の部位を紹介します。

台風によって屋根材が吹き飛ぶことも!

屋根材を固定してある釘が、年月を経て緩むことがあります。しっかり固定されていない屋根材は、台風の強い風に煽れて、吹き飛ぶ可能性があり注意が必要です。

棟板金も台風で要注意!

屋根の頂点に被せてある棟板金は、コーキング剤を塗って釘で固定されています。ただ、経年劣化で固定が緩んでしまうことがあり、台風によって棟板金が吹き飛んだり、変形したりする可能性があります。棟板金に変形などが発生しても、気付かずに放置しておくと露出したルーフィング(防水紙)が、劣化して雨漏りの原因になる可能性があります。

屋根が台風の飛来物と激突することも!

台風で折れた木々の枝などが飛来して屋根に激突すると、屋根に穴が開いてしまうことがあります。穴から、雨漏りが発生して屋根の内部が傷んでしまう可能性は大です。

雨樋が台風で破損することもある!

雨樋(あまどい)は、屋根に落ちた水を排水する役割があります。雨樋が台風の風によって破損すると、雨水が軒先から軒天に回り込んでしまうことがあります。このことで必要以上に軒天が雨水で濡れることで雨漏りの原因になります。

台風の後には必ず点検が必要!

紹介したように台風によって、屋根が傷んでしまっても、大量の雨漏りでもない限りすぐには発見できないことがあります。屋根は家の高い位置にあるため、無理に点検することはやめたほうがいいでしょう。台風が到来した後の屋根の点検は、専門の業者に任せたほうが、安心です。

まとめ

台風によって取り付けが甘くなった屋根材棟板金が吹き飛んだり、雨樋が壊れたりすることがあるので注意したほうがいいでしょう。屋根が傷むことで雨漏りが懸念されます。屋根について心配事がございましたら、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181