オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

スレート屋根の台風対策について


強風で屋根が飛ばされてしまうと様々なリスクが生じることをご存知でしょうか?
まず住宅を守る屋根が飛ばされてしまうと雨漏りが生じる可能性が高くなります。
雨水の侵食が進むと柱などにダメージを与えてしまい、建物全体の強度が下がってしまいます。

また、風によって飛ばされてしまった屋根材が人や物に危害を加えてしまう可能性もあります。
最悪の場合、命に関わる大怪我に繋がることもあります。
そうならないためにも屋根の台風対策はとても重要になってくるのです。
ここでスレート屋根の台風対策についてお話していきます。

buildings-1207824_640
スレート屋根の台風対策について
ズレを見逃さないように定期的にチェックすること
スレート屋根はセメントが主原料の軽く、薄い板状の屋根材です。
スレート屋根は劣化が進んだ状態で強風に煽られてしまうと、屋根の頂点に固定された棟板金まで飛ばされる恐れがあります。
そうなってしまうと屋根全体へのダメージへと繋がってしまいます。
スレートの色あせが起きていないか、ズレていないかというところをしっかりとチェックするようにしましょう。

劣化を抑えること
劣化を抑えるためには定期的なメンテナンスが必須になってきます。
約10年を目安に塗装の塗替えと必要に応じてスレートと棟板金の補修を行うように心掛けましょう。
劣化が進み塗装で性能が回復できそうにない場合は、葺き替えを検討するようにしましょう。

まとめ

今回はスレート屋根の台風対策についてお話してきました。
強風で屋根が飛ばされてしまったら様々なリスクが生じてきます。
雨漏りの原因になるのはもちろんのこと、他人の命を奪ってしまう危険性もあるのです。
そのため、自分の家を守るのはもちろんのことですが、それだけではなく他人の命も守るという意識を忘れずに台風対策をしましょう。

スレート屋根の台風対策についてまたは他の屋根のことでもお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181