切妻屋根とは?特徴を徹底解析!


切妻屋根の特徴

切妻屋根は最も親しみのある一般的な屋根です。
四角い建物に2つの面だけで構成された屋根が乗っているという屋根の中でも最もシンプルな物となっています。
屋根の最頂部の棟から地上に向かって2つの傾斜面が本を伏せたような山形の形状をしています。
切妻屋根は日本だけではなく世界的にも支持されています。
roof-833608_1920-columns1
・経済的なコストが安い
これが1番のメリットと言っても過言ではないでしょう。シンプルな屋根に加えて棟や雨樋の長さが要因となり、材料費・人件費の両面でコストを抑えることが出来ます。
・換気性に優れている
切妻屋根には小屋と呼ばれる屋根裏のスペースを広く確保することが出来るため換気を行いやすく、建物全体を良好に保つことができます。
・ソーラーパネルを設置しやすい
大きな屋根面積を確保しやすいため、太陽光発電向いています。
・全ての屋根材を使用することが出来る
構造がシンプルで且つ広く普及しているため、ほとんどの種類の屋根材を使用することが出来ます。選択肢がたくさんあるため、自分に合った家をカスタマイズすることが出来ます。

・妻側の壁に太陽や雨が当たりやすい
壁の上部が三角に切り取られる側を「妻」と呼び、屋根がなく三角形の外壁があらわになっていて「ケラバ」とも呼ばれます。妻側の壁は高さが大きいのに対してケラバがあまり長くないため、十分な日よけとならないのです。
それに屋根に守られていないため、外壁が雨風にさらされてしまう可能性があります。
・定期的にメンテナンスが必要
・個性が出しにくい

まとめ

今回は切妻屋根の特徴についてお話しました。
日本だけではなく世界的にも支持されている切妻屋根は、全ての屋根材に対応することが可能で経済的なコストも安いため、多くの方に愛用されることが分かりました。
ですがメリットが多い分、デメリットを見落としがちなので太陽や雨が当たりやすい点などに十分注意して対策をとりましょう。

切妻屋根についてまたは他の屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181