オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

おしゃれでデザイン性の高いスレート屋根の種類・特徴について


今回は『化粧スレート』スレート屋根の特徴についてまとめていきます。

カラーベストやコロニアルなどと聞いた方が馴染み深い方もいらっしゃると思います。
商品名が違いますがそちらも同じくスレート屋根になります。
スレート屋根は粘土板岩に色々な素材を混ぜて作りますが混ぜる素材によっても特徴が変わってきます。現在では種類もたくさんあり比較的低価格でデザイン性も高い事もありとても人気の屋根材となっています。

スレート屋根の種類

天然スレート
天然石を使用したスレート屋根は大変高価です。重厚感があり高級住宅等で使用されます。

石綿スレート
アスベストと呼ばれる石綿とセメントを混ぜて作られたスレートです。アスベストが社会問題になり
現在では使用も製造も中止となっています。

無石綿スレート
アスベストの代わりにパルプやビニロンを混ぜて作られています。耐久性と軽さから
現在は主流となっています。

セメントスレート
無石綿スレートにもセメントが混ぜられていますが、こちらはセメントを主成分として
作られたスレートです。耐久性はとても高いのですが表面を着色しているので
経年劣化しやすいのでマメにメンテナンスが必要です。
コロニアルやカラーベストはセメントスレート屋根に属します。
グラッサ葺き完成全景
写真にあるスレート屋根はケイミューというメーカーのコロニアル遮熱グラッサです。
色褪せしにくく超促進耐候性試験(メタルウェーザー試験)において30年相当でも
ほとんど色の変化が目立たないという結果が出ています。
重さも一般的な瓦屋根の1/2以下なのでとても耐震性が高く減震化が図れます。
また2重、3重と重なりしろを多くとっているので雨風にも強く、遮熱に関しては赤外線の反射率が高く
屋根の表面温度と屋根裏温度を下げてくれます。

まとめ

今回はスレート屋根についてまとめました。
スレート屋根と一言で言っても色々な種類がありましたね。
現在ではとても主流になっている屋根材ですのでご参考にして頂けたらと思います。

屋根の葺き替えや重ね葺きをお考えの方やお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181