オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

ウッドデッキ屋根の素材は何が良い?ウッドデッキ屋根のサイズ基準について


ウッドデッキ屋根の素材は何が良いのか?

オーニング
オーニングとは日除けを意味している言葉で日本では主に可動式テントのことを指します。
天候や気候に合わせて広げたり閉じたりすることが出来る柔軟性のとても高い屋根です。
それに遮熱性にとても優れています。
ですがウッドデッキの大きさに対して小さい商品が多いので、購入する際にはしっかりとサイズが合うかどうか確認してから購入しましょう。

テントと同じ素材を使用しているためずっと日差しがあっていると、劣化が進むのが早いです。

サンシェード
火剤をブロックする専用の布のことをサンシェードと呼びます。
柱やフックなどを利用してウッドデッキの上に張り、風通りが良くて適度な明るさを保つことが出来ます。
元々は日除け用のアイテムとなっているので紫外線カットをする効果がとても強いというメリットがあります。



wood-3286028_1920-columns1
ウッドデッキ屋根のサイズ基準について

ウッドデッキの屋根を設置する際にはサイズの決め方も重要になってくることを知っていますか?
以下のような点を考慮してサイズを決めるようにしましょう。

室内への日当たり
屋根はウッドデッキを直射日光から守る役目がありますが、サイズを大きくするとその分だけ室内への日当たりは悪くなってしまいます。
冬には日の差し方が大きく変わるので、1年を通して考えましょう。

洗濯物を干す場所を考慮する
屋根が大きければ大きいほど雨の日でも安心して洗濯物を干すことが出来ます。
ですがその反面、晴れている日には洗濯物に日差しが当たりにくくなってしまいます。
なので具体的な干し方を決めてサイズを決めるようにしましょう。


まとめ

今回はウッドデッキ屋根の素材は何が良いか、そしてウッドデッキ屋根のサイズ基準についてお話してきました。
ウッドデッキ屋根のサイズは室内への日当たりや。洗濯物を干す場所を考慮してサイズを決めるようにしましょう。

屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181