オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

大津市の皆様へ朗報!和瓦屋根の破損を修理する方法


3191813_s
和瓦屋根で使われている和瓦は、粘土を成形し焼成した屋根材なので、50年以上の耐用年数を誇り、金属やスレートといった屋根材のように塗り替えを行う必要がありません。 
ただ、和瓦屋根に使われている漆喰や野地板、葺き土などの耐用年数は、和瓦より短いので、修理が必要な時期がやってきます。 

和瓦屋根の破損を修理する方法について大津市の皆様に症状別に紹介します。

和瓦屋根の破損を修理する方法:和瓦の破損やズレ

和瓦は台風などで飛来物が当たって衝撃を受けると破損しやすいので大津市の皆様に報告します。 
和瓦は陶器なので、破損しやすいという欠点があります。 
飛来物だけではなく、積もった雪の塊が落ちた衝撃によっても瓦は破損してしまうことがあります。 

破損した瓦は取り除き、新しい瓦を差し込むことで修理します。 
また、和瓦は台風などで飛来物が当たり、ズレてしまうことがあります。 
ズレた和瓦は元に位置にもどして修理します。 

屋根にルーフィング(防水紙)が敷いてある場合、和瓦に破損やズレが発生したとしても、すぐに雨漏りは発生しません。
 ただ、ルーフィングが露出して劣化が進行し、穴あきが発生すると雨漏りの原因になるので、放置することはおすすめできません。

和瓦屋根の破損を修理する方法:漆喰の剥がれ

和瓦屋根の頂点には棟があり、棟瓦などが積まれていることは大津市の皆様はご存じだと思います。 
棟には、棟瓦と棟瓦を接着したり、雨水が侵入したりしないようにする目的で漆喰が使われています。
 漆喰は経年劣化によって、剥がれて落下することがあります。 
セメントの塊のようなものが、屋根の上や軒先に落ちていたら、漆喰かもしれません。 

漆喰が剥がれた場合、剥がれた部分に、漆喰を充填して修理します。 
漆喰の剥がれを放置しておくと、棟自体が崩れてしまうことがあるので放置しないで、早めに修理しましょう。

和瓦屋根の破損を修理する方法:雨漏り

和瓦の破損やズレによって雨漏りが発生することは、大津市の皆様にご紹介しましたが、和瓦以外にルーフィングが傷んでしまった場合は、新しいものに交換し修理する必要があります。 

ルーフィングは部分的に交換することができます。 
ただ、雨漏りが広範囲に広がっている場合は、和瓦屋根の葺き替えや葺き直しといった修理を行います。 
和瓦屋根の葺き替えは、屋根の骨格以外の和瓦、葺き土、野地板などを交換する修理です。 
葺き替えを行うことで、広範囲に広がった雨漏りが止まります。 

ただ、葺き替えの工事を行っている間は、通常の生活が送れないデメリットがあります。 
一方、葺き直しは、和瓦以外の葺き土、野地板などを交換する修理です。 
和瓦は、50年以上の耐用年数がある屋根材なので、しっかり検査して問題がなければ再利用することができます。 

葺き直しを行うことで、広範囲に広がった雨漏りが止まります。 
葺き直しは葺き替えに比べ、屋根材の廃却費用といった工事にかかる費用が抑えられるメリットがあります。
 また、既存の瓦を廃却しないので、エコに貢献できるメリットがあります。 

ただ、一枚でも再利用ができない瓦があると、全く同じ和瓦が入手できない場合があります。 
ただ、葺き替えと同様、葺き直しの工事を行っている間は、通常の生活が送れないデメリットがあります。

まとめ

和瓦屋根の破損を修理する方法について大津市の皆様に症状別に紹介しました。 
衝撃を受けて破損した瓦を取り除き、新しい瓦を差し込むことで修理します。 
衝撃を受けてズレた和瓦は元に位置にもどして修理します。 

漆喰が剥がれた場合、剥がれた部分に、漆喰を充填して修理します。 
雨漏りが広範囲に広がっている場合は、和瓦屋根の葺き替えや葺き直しといった修理を行います。  

和瓦屋根の破損や修理で困っている大津市の皆様は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181