オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

大津市の皆様に朗報!波板修理について


4646770_s
波板はカーポートやベランダ、倉庫などに使われている屋根材です。
波板は様々な素材でできていますが、経年劣化などによって修理が必要になります。

ここでは波板修理について大津市の皆様に紹介します。

波板の種類について

波板は素材の違いから色々な種類があり、ポリカ、塩ビ、アルミを使った波板がよく使われています。 
ポリカ、塩ビ、アルミを使った波板について大津市の皆様に紹介します。
塩ビの波板は、低価格で加工しやすいので、カーポートやベランダの屋根材として使われることが多いです。 
塩ビの波板を加工する際は、ハサミやカッターを使うので加工は簡単ですが、強い力をかけると割れる可能性があるので注意なければなりません。 

また、塩ビは紫外線に弱いことでも知られており、数年経過すると硬くなって割れやすくなってしまうので大津市の皆様は気を付けて下さい。
ポリカの波板は、カーポートやベランダの屋根材として使われることが多く、優れた耐久性を誇り、耐用年数は10年程度となっていることを大津市の皆様に紹介します。 
ポリカはポリカーボネートのことで、ガラスのように透明感がある上、紫外線をカットする機能があるので、屋根材にぴったりです。 

ポリカの波板は、衝撃に強い上、加工が簡単なメリットがあります。 
ポリカの波板は、湿度や気温が高い季節に変色しやすい傾向があり、傷が付きやすい傾向もあります。 
また、アルカリ剤や溶剤に触れると劣化しやすい傾向があるので気を付けて扱わなければなりません。 

ポリカの波板は衝撃に対して強いですが、一定以上の重さがかかると変形や破損が発生します。 
そのため、豪雪地帯の建物にポリカの波板を使用する際は、対策を施した製品を使う必要があります。 
また、熱に弱いポリカの波板を使ったカーポートやベランダの下でバーベキューなどを行い、火を使うと変形することがあるので注意が必要です。
アルミの波板は高強度かつ軽量なので、倉庫屋根材に使われることが多いです。 
ただ、アルミの末端からはサビが発生することがあり、定期的なメンテナンスが必要なことを大津市の皆様に知って欲しいです。

波板修理について

波板は、経年劣化以外に、台風による強風で煽られたり、雪が積もったりして傷むことがあり、波板修理が必要になります。
 また、台風による飛来物が波板に当たって変形したり、破損したりすることもあり、波板修理が必要になります。 
波板が一部だけ破損した場合は、部分的に波板を交換して、波板修理は完了です。 

ただ、ポリカや塩ビの波板は、経年劣化で変色している場合があり、部分的に交換すると、見た目に悪くなってしまうので、全ての波板を交換したほうがよいでしょう。 
波板にフックを通す穴があけられており、強雨で煽られることで、穴の周辺やフックが傷んでしまうことがあり、応急処置であれば、テープや接着を使った波板修理を行います。 

しっかり修理するのであれば、傷んだ波板を交換します。 
波板修理をご自分で行おうとする方がいるかもしれませんが、高所からの落下など様々な危険が伴うため、専門業者に波板修理を依頼して下さい。

まとめ

ここでは波板修理について大津市の皆様に紹介しました。 
塩ビの波板は、低価格で加工しやすいので、カーポートやベランダの屋根材として使われることが多いです。 
ポリカの波板は、優れた耐久性を誇り、耐用年数は10年程度となっています。 
アルミの波板は高強度かつ軽量なので、倉庫屋根材に使われることが多いです。 

波板は、経年劣化以外に、台風による強風で煽られたり、雪が積もったりして傷むことがあり、部分的に交換すると、見た目に悪くなってしまうので、全ての波板を交換したほうがよいでしょう。  

波板の破損や修理で困っている大津市の皆様は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181