オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

大津市の方に注目して頂きたい!台風で発生しやすい屋根修理


4466148_s
日本では毎年、台風が猛威を振るい住宅に甚大な被害がでることはご存じだと思います。 
特に屋根は、台風によって被害が受けやすく、修理が必要になることが多いです。 

そこで、台風で発生しやすい屋根修理を部位別に大津市の皆様に紹介します。

台風後の屋根修理:棟板金

棟板金は屋根の棟(頂点)に配置されることもあって、台風の強風に晒されることがある部材であることを大津市の皆様に知って欲しいです。 
棟板金は、屋根の貫板に釘で固定されているため、台風であってもそう簡単に飛ばされたり、変形したりすることはありません。 

ただ、金属製の棟板金が、日光で暖められて膨張したり、冷風で冷やされて収縮したりすることで、釘が抜け出してしまうことがあります。 
釘が弛んだ棟板金が、台風の強風に煽られて、変形したり、飛ばされたりすることはあります。 

台風が襲来した後、棟板金が、変形したり、飛ばされたりした場合は、新しい棟板金を取り付けて屋根修理します。 
台風の強風に備えるためには、業者に依頼して定期的に屋根の点検をして、棟板金の釘が抜け出していたら、再度ハンマーなどで釘を打ち付けて屋根修理します。

台風後の屋根修理:屋根材

経年劣化した屋根材は、台風の風に煽られて、変形したり、亀裂が発生したりして屋根修理が必要なことがあります。
例えば、セメントでできているスレートは、表面の塗装が劣化し雨水が浸透した後、日光によって暖められると反ってしまうことがあります。 

反りが発生したスレートが台風の強風によって煽られると、折損して飛ばされて屋根修理が必要なことがあります。
また、スレートは、表面の塗装が劣化し雨水が浸透した後、日光によって暖められたり、冷風で冷やされたりすることで亀裂が発生すこともあります。 

亀裂が発生したスレートが台風の強風によって煽られると、折損して飛ばされることあります。 
スレートに反りが発生したら交換、亀裂が発生したらシーリング材などで亀裂を修復します。 
台風の強風に備えるためには、大津市の方は、業者に依頼して定期的に屋根の点検を行い、屋根材に経年劣化が発生していないか、調べる必要があります。

台風後の屋根修理:雨どい

雨どいには、屋根に降った雨水を集めて下水道などに流す役割りがあることは大津市の方はご存じだと思います。 
雨どいは、台風の時に、雨水が大量に流れる上、強風で煽られるため、曲がってしまったり、破損したりすることがあります。 
曲がったり、破損したりした雨どいは、新しいものに交換して屋根修理します。

台風後の屋根修理に使える火災保険

火災保険には住宅火災保険や住宅総合保険がありますが、風災といった自然災害によって雨どいが損傷を受けたと認められれば、雨どいを修理する費用が火災保険で補償されることがあります。 
風災とは、台風をはじめ、暴風雨、春一番、旋風、突風など強風を伴う自然災害のことを示します。 

一般的には、最大瞬間風速が秒速20m以上の風によって、外壁をはじめ、屋根材、雨どい、カーポートベランダ、フェンスなどが受けた損害が補償対象になっています。 
雨どいの修理にかかる工事の費用が20万円以上の場合に火災保険の保証が受けられ、申請は、破損事故から3年以内となっていることを大津市の方に知って欲しいです。

まとめ

台風で発生しやすい屋根修理を部位別に大津市の皆様に紹介しました。
 棟板金が台風によって、変形したり、飛ばされたりしたら、新しい棟板金を取り付けて屋根修理します。 
スレートに反りが発生したら交換、亀裂が発生したらシーリング材などで亀裂を修復します。 

曲がったり、破損したりした雨どいは、新しいものに交換して屋根修理します。 
屋根が損傷を受けたと認められれば、屋根を修理する費用が火災保険で補償されることがあります。  

台風による屋根の破損や修理で困っている大津市の皆様は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181